SSブログ

「ソーシャル・ネットワーク」 [映画]

 絶賛上映中、Twitter上でも「面白かった」という意見が多い。で、必見と感じたので見に行った。ゴールデングローブ賞4部門受賞。
 いやぁ〜〜テンポがメチャ早い、早口なので、字幕を追うのがかなりキツイ。法廷でなく、これは公判前整理かなんかの場面なのか?とにかく現在(ユーザー百万人達成の頃)のやり取りと、その言及される過去との場面切り替えという手法はめまぐるしいが効果的だ。

 FaceBookというシステムがどう優れていたのかの説明が不足と感じた。いや、大多数の観客は既にユーザーなので周知のことという前提なんだろう。なにしろ、アカウント作った人たちが殆ど異口同音に言うには、とてもわかりにくいシステムらしいので、私も始める気になれないでいるのだが。

 むしろ起業にからむ人間ドラマの面を描くのが主眼なのだろう。勿論、ネット起業という特殊な世界のユニークな展開という要素は大きくて、主人公のナード(オタク)ぶりが随所に出て来るところは興味深い。

 アメリカの大学生活の享楽的なリア充ぶりが凄い(性的な意味でも)。こういうのって、50年代ころの雰囲気かと思ったが、まだ続いているのか…。肉食民族は偉大なり。日本があの戦争で負けたのも当然だ。それにしても、出て来る女がビッチばかり(例外は主人公マーク・ザッカーバーグの別れた恋人だけ)というのは、ちょっとやりきれないな。

>主人公に共感できるかで評価かなり分かれるらしい。
という意見がTwitter上にあった。確かに私は「共感できない」派である。ただ、主人公を単なる勝者としては描いておらず、その人間性の欠落部分を照射しているところは(逆説的に)評価できるのではないか?

 この脚本を書いた人のコメントが
>友情あり、忠誠心あり、裏切り、嫉妬、権力ありの、何千年も前から語り継がれてきたような古典的な物語が、現代的な背景の中で繰り広げられるところが魅力的だった。
というのも頷ける。つまりは普遍性を持ったストーリーなんだろう。
 という訳で、見て損はないけど、それほどお勧めは致しません。観る人を選ぶ映画じゃないだろうか?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます