So-net無料ブログ作成

「まほろ駅前多田便利軒 」(三浦 しをん) [小説]

今更だが、三浦しをんの小説を初めて読んだ。4年も前の直木賞受賞作。
まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/01/09
  • メディア: 文庫

 面白かった。読みやすい。この作家固有の文体を感じさせる。それはテンポよく歯切れがいい。ややライトノベル風の印象もあるが。
 設定は良い。なにしろ「便利屋」という特殊な商売を営む男が主人公なのだ。どんなシチュエーションでも作れるという、まさに便利な設定である。目の付けどころがいい。犬の世話、倉庫のゴミ整理、バスの運行の監視、戸の建付修理、小学生の塾への迎え、旧カレとの別れ話に新カレ演技、などなど。しかも、当然のごとく、その仕事絡みで事件(のようなもの)が発生し、慌ただしく動くことになる。推理小説風味とアクション風味。
 主人公二人の男のキャラはよく立っている、のだが、しかし、謎めいた背景来歴が暗示されるのに、なかなか真相が見えてこない。そこがかえってもどかしくも魅力的だ。二人の間のわだかまりと徐々に深まる信頼・友情の進展が心憎い。
 「まほろ市」という架空の地名を使う理由がよく分からない。舞台は明らかにまんま東京都町田市だ。御丁寧に小田急線を「箱根急行(ハコキュー)」とまで言い換えている。あえて架空名にすることで、〈どこでもない街〉のフィクション性を印象付けようとしているのか?
 続編も出ているようだ。続けて読みたい気になった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます