So-net無料ブログ作成

鼓童を聴く [アート]

 昨日、友人に誘われて和太鼓の演奏グループ「鼓童」を聴いてきた。文京シビックホール。この友人、熱心なファンで「賛助会員」になっており、チケットを手配して誘ってくれたのだ。
 その名はずいぶん前から耳にして、いちおうイメージは持っていた。今日初めて、生の舞台を見に行って聴いた。いやぁ~~すごい。「目から鱗」と言うより「耳から耳垢が落ちた」とでも言ったらいいんだろうか?
 ステージ近くで聞くその音は大迫力、腹に響くほどの大音響。驚くべきは大勢での整然としたシンクロ。ぴったりと息のあった、寸分狂わぬ合奏の見事さ。互いに見もせず、指揮者もメトロノームもなしに、どうやってあそこまで合うのか?「」の飛ばし合い?

 そもそも打楽器は一番プリミティブな楽器である。私自身、太鼓叩いたら気持ちいいだろーなー、とよく思う。力いっぱいぶっ叩くのはさぞや爽快じゃないか?ストレス解消にもってこい、だろう。

 「リズム音痴」などは居ない、と言う。「音痴」とは基本的に音程がとれないメロディ音痴のことである。リズムは音楽以前の自然の鼓動というか、心臓にしろ何にしろ極めて基本的原初的なものである。聴覚に限らず、振動でもリズムはあるし、視覚的にも繰り返し図形などにリズムは現れる。万物はリズムで出来ている、と言ってもいいんじゃないか?と思うほどだ。そのリズムを極限まで単純かつ精妙に具現するもの、それが打楽器であり、太鼓はその代表と言っていい。

 で、今回気づいたのは、奏法によって太鼓の音色は多くのバリエーションが持てるということだ。主に叩く強さの大小と間隔の長さの操作によって。また、間隔が代わると、前の音の残響に被さって新たな音が生じるのだが、その間の干渉によっても変わるだろう。そのような様々なテクを駆使して、数多くの太鼓間の協奏もあり、実に多様な表現が繰り出される。そして、もう少し長いスパンで見た全体的なうねり、流れの変化も面白い。曲目によって全く異なる表情を見せる。堪能した。

※ この記事を書くにあたって、マイカテに「アート」を追加した。「サブカルチャー」では失礼と言うか、収まりが悪いので。
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 3

ub7637

伝統に対してサブカルとは失礼なw。

鼓童じゃないけど、自分も昔、太鼓を見にいったことがあります。
シンプルなようで力強い響きが心地良く、いつくもの太鼓が織り成すリズミカルで、ダイナミックな演奏には圧倒されました。

また行ってみたいもんですね。
by ub7637 (2009-12-20 18:29) 

michaela

鼓童は行ってみたい公演のひとつです。
確かに打楽器のプリミティブな響きには、何とも言えない快感がありますね。
by michaela (2009-12-21 07:54) 

ask

michaelaさん、お久しぶりです。
(ちなみにそれより上の人は挨拶不要なので省略w)
何ヶ月ぶりでしょうか?
そう言えば、さっきSo-netブログ事務局から「あんたはフレンドリー度が足らんよ(2)」って、頼みもしないのに活動度とか馴れ合い度を評価してくれるので、思わず、ドンドンド・ドンドコドンしてしまいました。
by ask (2009-12-21 18:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。